<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
観劇続き・・・WBC連覇は感激!
連日連夜のWBCも昨日で終わり、本当に連覇して
良かったです。星野監督を悪く言う気はさらさらない(というか好きです)
けどね・・・それだけに北京オリンピックは辛かった訳ですよ。
まあプレッシャーは相当のものだったと思います。
だけど・・連覇っていうプレッシャーのかかった中!やってくれました!
めっさスカットしました!
まあ、最後の最後ではらはらさせられましたが・・・終わりよければ全てよし。
というかこれは題と関係なく、なんと一番長い自己紹介になったのでは??
野球大好き、関航です。

観劇日記続きだったので、ちと違う感じ始まりが・・・
まあ長かったですね。

今回は「Sanada」で淀殿を演じていただき、前回・今回もダンスの振り付けを
お願いした中尾理沙さんの所属するクリエーターズゆいの公演に行ってまいりました。

場所は高槻のライブハウス??まあ行った事の無いところです。
お話は『蜉蝣の記』という3人芝居。
癌で余命いくばくも無い母を持った少年が、母が死ぬまでに出会った?体験した
不思議なひと夏の経験のお話。
また前日に引き続き恵比須元哉さんと観劇していたのですが、見終わった感想が

初めてお芝居をしたときのような感じ(恵比須元哉)
女子高の高校演劇を見た感じ(関航)

て言う感じでした。まあ熱演かな台詞や台本は読みつくしたんだろうなと。
ですが芝居自体の表現、作りこみなどは浅い感じ。
一回見ただけだけど、もう改善すべき点が出るわ出るわ。
台本自体も抜け多すぎ、聞いたところ高校の指導者の本らしいけど
改稿をお勧めします。

台本自体もテキトーな感じがします。

お芝居表現で言葉って本当に大事だと思う。言った事はもう戻らないし
その言葉に嘘があれば(現実的には嘘ですよ気持ちにって事ね)
意味のないものになってしまう。

しかも表現することをサボれば、薄っぺらい絵が漂ってしまう。
細かく作りこむことは小さい表現になってしまう恐れがあり、それ自体を
舞台上で捨てる勇気が必要だけれど、やらない人とやって捨てれる人とは
表現の雄大さが全く違うんですよ。

それが本当に難しい。僕もまだ旅の途中・・・頑張らねば!
[PR]
by invademap | 2009-03-25 14:49 | 観劇日記
関、観劇!!(西城秀樹風)
懐かしい、グリーンホールに出向いたかと思えば
うーんここも懐かしいと言うか、立ったのはもう9年も前・・・
観に訪れたには・・・確か世界一団のトリックスターを出演者Yさんに
誘われて行ったのが・・・たしかもう5年位も前の話・・・
きてないなあKAVK(神戸アートビレッジセンター)・・・
ちなみに僕の生まれたのは花隈です。関航です。唐突です。

さあやってきました新開地!夢と欲望の新開地!
今日は「sanada」で僕の娘役稲姫・小松姫を演じてもらった
湯川愛さんの所属?する神戸自由人会の
公演「チェリー」を観劇しました。

お話は戦時中の動物園のお話・・・
猛獣が空爆で檻が壊れて逃げ出しては困るので、始末せよと言う軍からの
命令が下る・・・ライオンやクマは毒入りの餌や毒注射によって、もうすでに殺されている。
次は象の番だ・・・象は賢いので毒入りの餌は食べない。
皮膚も硬いので注射も打てない。だから餌をやらずに餓死させようと言うようなお話。

かわいそうな象っていう有名なお話があるんだけど、そんな感じ。

学校公演をしている劇団だなあ・・・って言うのが素直な感想。好きか嫌いかでいうと
好き好んでは観に行かない感じのお芝居です(湯川さんごめんね)

お芝居は軍からの命令を受けた、元軍属の獣医とその助手によって進んでいきます。
このお二人の演技は安定感がありました。年齢設定にちと疑問は有ったけど・・・
(元軍属の獣医がおじいちゃんに見えるけど、熱を出しただけでうろたえるレベルの娘が
いるっぽい、湯川さんの助手は30代の女性に見えたが女学校上がりらしい?)
あと軍属の獣医の教え子、典型的な権力かぶれ軍人は軍人ぽくしている感じが
になめずかつ滑舌が悪い・・・軍帰りの負傷兵役の子は足を引きずる役柄だが
健常者の足の引きずり方で、もそっと頑張ってほしかった・・・
僕は足萎えの役にはうるさいですよ・・・リチャード3世が好きですからね・・・
途中で出てきたおばさん(ばあや?)は中々に達者な方・・・典型的ではあったけど
空気を変えるという点ではグッドかな。

お話は動物が可愛そう・・・っていうよりは人間の苦悩が前面に出すぎて
ちと偽善っぽかった。小学生には良いんだろうな・・・って感じ。

いやあ、でも小学校のときこんな感じのお話を観たなあって懐かしくは思えました。
ここまで辛らつに書いたけど、多分一番しんらつだったのは、ロビーで湯川さんが
父上!って来てくれたのに

「そんな老けた娘を持った覚えはない!」

って言ってしまった事ですかね・・・(ごめんねプランどおりで良いお芝居って事よ)
また是非に一緒に芝居したい女優さんです。
[PR]
by invademap | 2009-03-24 11:02 | 観劇日記
グリーンホールに観劇・・・なつかしの場所
春だねええ
春だよおおお、はいと言うわけで
もう中学生のような始まりの関航です。

このまえから立て続けの観劇レポです。
自分のところは今新生中でして、一気に羽化して
飛び立ちますので、それまで暫しお待ちを・・・

箕面市文化振興事業団20周年記念公演

『箕面山大瀧萌ゆる!』

を箕面市のグリーンホールに観に行ってきました。
わああ懐かしい・・・隣の市民会館へはお芝居の稽古に
よく通っていたものです。

今回は演出補と大たぬきで出演されている、エモーションファクトリーの
猪岡千晶さんのお誘いで観に来させていただきました。

e0116155_15132432.jpg


左から2番目の方です・・・かわいい演技でしたねえ。さすが!
真ん中は小野篤志と同じ事務所の山本香織さん・・・今回はいろんな意味で
印象が違う感じでしたが・・・女は化けますな。
終演後ロビーで小野篤志・森岡宏治コンビと事務所の社長さんにお会いしました。
なんかめっさ久しぶりな感じで・・・

お話は箕面って呼ばれる前の遠い昔の話。
子供にも分かり易く、そして教訓になるようなお話でした。
色んな箕面の芸術がてんこ盛り、太鼓に歌に琵琶にダンスに・・・
なんか名張少女の芝居を思い出しました。
てんこ盛り過ぎて、おなか一杯になってします感じでした
どっかシャープになったらなあとも思いますが、こんだけのイベントになったら
しゃあないのかなと、市長さんが出てくるぐらいですから・・・あの市長は
やさしい声音で悪いことが出来るタイプ(まあ出来る人ってことなんだけどね)

芸能人も渋谷天外さん、末成由美さんと出ていらして派手な感じ。
渋谷さんは思いのほか、普通な感じ?末成さんはいつも通りの
いやましてはじけっぷりで面白かったです。

最後にインタビューを受けると言うハプニングはあったものの、全体的に
芸術文化を大事にする姿勢が市にあり、うらやましい限り

平松・そして橋元にも見習ってほしいものです!
[PR]
by invademap | 2009-03-19 15:26 | 観劇日記
  

演劇ユニット・インベイドマップメンバーのブログ
by invademap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のトラックバック
ハッピーダンスコレクション
from ハッピーダンスコレクション
男の料理,料理教室,カレ..
from 男の料理
こんにちは
from スパイス&ハーブ
扇風機
from 扇風機
もうすぐ母の日
from おしゃれな石鹸プレゼント
おいしいコーヒーだけを販..
from 【笑顔コーヒー専門店】キング..
olympic,オリンピ..
from 北京オリンピック
北海道旅行で「滝や動物園..
from ゴールデンウィーク国内温泉旅行
アルマーニエクスチェンジ
from アルマーニエクスチェンジ
ビジネス
from ビジネス書 仕事に役立つビジ..
検索
フォロー中のブログ
インベイドな日々
ファン
ブログジャンル
演劇
画像一覧